三蔵法師もびっくり?革命的?写経法”花写経”リリース

革命的写経法?

かなりオーバーですね。

仮設に暮らす人達が、(もしアイパッドお持ちなら)指でなぞるだけで

写経ができ、願いを届けることが出来たら・・・という発想で開発しました。

ちなみに

●開発スタッフ
・Producer  :後藤泰彦(岩手県一関市常堅寺住職、手あわせ桜の会代表)
・Director  :大山恵一(有限会社ST-WORKS)
・Programmer :田中洋一郎(開発工房田中)
・Designer  :田中由美(開発工房田中)

実際、写経をはじめようとする時のネックは

写経用紙や筆やペン、硯?スミ・文鎮?そして先生なる指導者を用意することです。

これでは、普通の人は”功徳がある行”と言っても、おっくうになってしまいます。

そこで、この花写経は、アイパッドさえあれば、無料で「いまでしょ」っと、始めることができます。

高齢者にタブレットが急速で普及しているそうですから、このような取り組みも面白いかもしれないと始めました。

そして、少しでも被災者の方々の気持が楽になるように、”ほっとけあ”(仏ケア)なるようにと思いを込めました。

季節の花が写経の用紙背景に選ぶことができますので、女性に好まれればいいなと思っています。

是非、お試しください。

コメントを残す