禅的省エネエコライフ—髪を短くすれば節水節電に

髪の毛を短くすることが、禅的エコライフです。

できれば、頭を剃る?・・まではいかなくても、短くすればするほど、節水・節電につながります。

髪を洗う時、シャンプー、リンスを使いますが、すすぎにどれだけお湯を使うことか。

それにドライヤーで乾燥させると、どれだけ電力を使うことか。

実験してみれば一目瞭然です。・・・どなたか研究してみてください。小学生の夏休みの研究にもなるのでは・・?

禅的エコライフの達人である坊さんは、一切髪がありませんから、シャンプー、リンスもちろん不要。ドライヤーなんかかけたら、皮膚がはれ上がります。

洗う時だって、お湯なんか使いません。よほど寒くなければ、ぬるま湯か、3シーズンは水です。シャキッとして気持いいです。

顔を石鹸で洗うと同時に、そのまま頭まで洗えるので、朝も夜も、顔も頭も清潔そのもの。

女性は(うちの娘なんか)朝も夜(風呂上り)も、ドライヤーをブオーブオーかけて髪を乾かしとかすので、「いつまでやってるー」洗面台や床に髪の毛が落ちて「コラー」と私はよく怒ります。

 

まさか髪を短く、なんてとても言えません。「しょうがない」明るくあきらめないと。

 

ということで、髪を1センチでも短くすればするほど、省エネになることが分かってもらえたでしょうか?

 

シャンプーリンスが減るということは、浄化槽の負担も減り、川をきれいにすることにもつながります。

 

夏場の省エネ対策に、是非ご検討ください。

 

コメントを残す