花の樹木墓園で安心終活

先日、宮城県のご夫婦が「花の樹木園」の景色が気に入ったので、

終の棲家にしたいのだがと、相談に来られました。

正式名称「みちのく花の樹木墓園」は

樹木葬と桜葬の特徴を持った墓苑で5年前に開園しました。

特徴は

1.継承者(跡継ぎ)を必要としない。夫婦一代の墓。

2.コンクリートや石の墓でなく、土に直接埋骨する。桜の根元にお骨ごと埋骨するので

自然に帰る。花に生まれ変わることができます。

3.石を用いないので費用が安価。でも、葬儀をしないお骨は納骨できません。お寺の墓地管理下にあるので、単なる安いからと言っての受け入れは致しません。

信仰心のある方で、事前審査して許可します。

4.管理を必要としません。草取りなども不要です。

これからの時代、子どもに迷惑をかけたくないと考える老夫婦は、多くなる傾向にあります。

今回来ていただいたご夫婦も、子供もいないし、頼める親族も多くはない。

数年前からいろいろ探していたが、ようやく納得できるお墓を見つけた、と言います。

あの景色に魅せられましたと・・・

そうです。この場所は、眼下に北上川。西に奥羽山脈の須川岳。

その残雪に沈む夕日は絶景だと私も感じます。

ちょうど、桜がそろそろ満開のころです。

「本当に安心しました」と何度も繰り返しお礼を言われると、

やっぱり、あの墓園をつくってよかったと感じます。

生きているときに仏縁を結んで、安心して旅立つ。

これが本当の理想の終活ではないでしょうか。

 

 

コメントを残す