仏教的終活道宣言!?

ある人のブログで

「最近はやりの終活という言葉に疑問?」

という記事がありました。

確かにその通りです。

一般的に終活とは、お墓や葬儀をどのように安く、遺産をどれだけ多く争いなく残すか?という

お金に関する活動と捉えられがちです。

だから、葬儀社、寺、霊園関係が後ろで囃し立てていると思われても、仕方ないでしょう。

社)てあわせの活動の説明も、終活という言葉を使った方が、相手によく伝わる場合があり、

文章で使用してしまう時があります。

気を付けなければと思います。

誤解されないように、説明するとすれば、

震災で失った多くの命。その生命の大切さに気づき、今を活きるために何をしなければいけないか?

ということになります。

私は、これを”仏教的終活道”と呼びたいと思います。

表現が硬いのなら、生と終を活きる!

というのもわかりやすいでしょうか?

震災で命はこんなにもはかないものなのか、と感じた人は多いはず。

でも世の中を見渡すと、突然の死は見えなくなり、

じわじわと死に向かう高齢者ばかりが増えていくという現実。

近い将来、大きな震災が来るかもしれないというのに。

でも、前向きで明るく行きましょう。

エンディングよりも、終活という言葉には、どことなくポジティブが感じられます。

だから、受け入れられるのかもしれません。

あれからもう3年。

3.11が近づいてきます。

コメントを残す