無理せずコツコツと。

修行僧は寒い冬でも草鞋(わらじ)をはいて托鉢修行に出ます。

痛みを通り越して足の感覚がなくなってしまいます。

それでも歩み続けます。

一歩一歩。

コメントを残す