いつでもどこでも物語の主人公になれる。

ある時は妻を演じ、ある時はOLを演じる。

悲劇のヒロインにもなりきる。

自分という物語の主人公は私。

コメントを残す