NZ地震 7年目慰霊式典で読経供養

先月3度目となるニュージーランド地震慰霊式典に参加して来ました。NZ地震は、その後まもなく発生した東日本大震災があまりにも甚大なことによって、邦人留学生28名が犠牲となったことも、日本人の記憶の中では薄れているかもしれません。(犠牲者185名の中でNZ人の次に多いのが日本人なのです)

前日のセレモニーではビル崩壊現場(現在公園として整備)で植樹式がありました。ビル崩壊の責任はまだ定かではありません。

翌日(22日当日)犠牲者の何人かが眠るエイボンヘッド墓地でお経を挙げることが出来ました。日本式の供養を営むのは初めてのことで、日本の縁を取り持つボーラムさん夫妻の働きかけによって、主催者(市)が動いてくれたのです。

地震発生の12:51に合わせた本式典には、日本からも副大臣やNZの首相も列席し、マオリの祈りで犠牲者を偲びました。その後遺族関係者全員で犠牲者の名前を刻んだエイボン川沿いの壁に移動し、献花をし刻字に手を合て瞑目しました。

コメントを残す