仮設千本桜-その1

11月19日、今日は東松島市野蒜地区の、仮設にお住いの皆さんとの植樹式です。

旧野蒜小学校のプール跡地に110本ほど植樹しました。

市職員の方々やボランティアの方々も、前日から穴掘りの準備をして頂いたので、

スムーズに作業もはかどりました。

昨年、この近くの長音寺というところで植樹した時に参加した方も、ご家族で来てくださいました。

このお母さんは津波で子供を亡くしたのですが、震災以後新たな命に恵まれ、赤ちゃんをおんぶしての植樹となりました。

桜はまさに、出会いと別れのシンボルですね。

さりゆく命があれば、出逢いの命もある・・・

植樹が終了すると、植えた苗と標柱に向かってお経を挙げます。

その間、皆さんは合掌で亡き人を祈ります。

お経が読み終わり振り向くと、必ず涙ぐんでいる人が何人かいました。

今回だけではありません。植樹式の読経後はいつも、このようなのです。

やっぱり想いがこみ上げてくるのでしょう・・・

東松島市の市の花は桜。

数年後、住宅が復興し、道路や運河にこの桜が移植されることを願います。

そして、新たな命も天に向かってぐんぐん伸びてくれるといいですね。

 

コメントを残す