仏教を土台とした社会貢献活動

私は岩手県一関市の常堅寺住職の後藤泰彦と申します。

私達が住んでいる東北を2011年未曾有の大津波が襲い、多くの尊い命が失われました。「こんな時何ができるか」と自問自答の日々でしたが、冥福を祈ること、そして鎮魂の桜植樹活動をはじめました。桜は昔から供養の花、死を悼む花だからです。

被害のあった地域の多くの仮設を訪ね、皆さんと植樹活動に汗を流し感じたことは、少子高齢化の現状です。仮設での孤独死、生活不活発病、ゲームばかりの子供たち。

ふと見渡すと、地方だけではない全国どこでも誰にも避けられない超高齢・超少子化の大津波が押し寄せてきます。

この時代にどう役に立てるか?少しでも寄り添い支えることができればと、一般社団法人「てあわせ」を設立しました。「てあわせ」は手を合わせて協力し、祈るという意味があります。子供と高齢者のシェア&サポートを目的にした社会貢献活動団体です。

てあわせの活動と常堅寺が合体した「てあわせ常堅寺」

寺(宗教法人)は本来社会慈善活動を行っていましたが、近年宗教という言葉が曲解され、公的な場所での活動に支障や誤解を生じるようになりました。

「死を見つめ今を生きる・皆で手を合わせ祈る」

また、これからの多死社会において「死を見つめ今を生きる」という仏教的コンセプト(土台)を掲げることは、年齢を問わず「限りある命をより良く生きる」ということに繋がることと確信します。

一般社団法人としての非営利社会貢献活動と、仏教を土台とした心の復興や子ども達への寺子屋教育など、両者のメリットを活かすことによって現代に相応しい活動ができるのではないかと思います。

手を合わせれば縁によって支えられているこの世界が見えてきます。

一人ひとりが花のように「今この時を」大切に生きるという請願を込め【てあわせ常堅寺】を開山いたします。

てあわせ常堅寺 住職 後藤泰彦 合掌