平和について:手作り絵本『鉄砲と釣り鐘』1

昨日は広島の原爆記念日でした。

終戦記念日も近づいてきます。

2年前の晋山結制法要の記念として絵本を作りました。

鉄砲と釣り鐘です。私が文章を担当、佐藤はるかさんという岩手大出で、現在一関市内にお住まいのお嬢さんに

絵を担当していただきました。

物語は、当寺の市文化財の梵鐘にまつわる話をまとめました。

今から約65年前、アメリカとの戦争が激しくなり、

空襲で東京の多くの家が焼かれた時、

門崎(かんざき)にも暗い戦争の足音が聞こえてくるようになりました。

門崎小学校4年のケンジは、父が戦争に連れて行かれ、

母と姉、弟二人、じいちゃん、ばあちゃんとの7人家族です。

昭和17年4月

満開の桜の花が咲く門崎小学校の校庭で、

4年生になったばかりのケンジたち3人が野球をやっています。

カキーン ケンジの打ったボールは珍しく大当りしました。

「やったー!打ったー!ホームランだー!」

「違う違う、今のはファールだべ!」

ピッチャーの哲郎は言います。

「違うってば、間違いなくホームランだってば!」

ケンジもなかなか引き下がりません。

キャッチャーの幹夫が言います。

「もうやめろ!どっちでもいいけどさ、これからホームランやファールって英語を使っちゃだめなんだぞ。

ホームランは本塁打。ファール場外反則球って言うんだ。」

「何でや?何で英語使ったらだめなんだ?」

哲郎が尋ねます。

「今、日本の兵隊さん達が命がけでアメリカ人と戦ってっぺ。そんな時に英語ぺらぺら使うなって、先生言ってたべ?」

ケンジと哲郎は、幹夫の話にすっかりとやる気をなくし、しゅんとしてしまいました。

 

その時です。

どこか遠くの方からゴー…という音が聞こえました。

空を見上げると、今まで見たこともない飛行機が、一本の飛行機雲をはきながら、青い空を横切っています。

「あれはアメリカの偵察機だ…。時々ああやって高いところからカメラで撮影して、日本を調べてるんだ。」

と、幹夫が言います。

「…食うものが無くなってきたから、この校庭にも芋の苗を植えるらしいな…。来週からは野球もでぎねぇ。

ホームランもストライクも言っちゃいけねぇし、腹は減る。何だかわがんねぇけど、おっかねー世の中になんでねーの。」

「…もう帰っか?」

「…しょうがねぇや、帰っぺ…。」

三人は最初の元気もなくなり、しょんぼり家に帰るのでした。

そして、その校庭も5月には畑になり、勉強の時間に畑の作業をするようになっていました。

「もう野球をすることもでぎねぇのかー。毎日畑仕事ばっかりで、やんたぐなる。」

ケンジ達野球仲間は、口々に言いました。

 

コメントを残す